Yuckieの日常雑記

留学や旅行、飛行機、ガジェットなど好き放題書き連ねる備忘録&日記 2022年~2023年 西仏の街レンヌへ留学 (レンヌ) 2023年 必死こいて就活 2024年 インターンをしながら大学5年生

久方ぶりに時間ができ、記事を書く気分にもなったので、留学出発直前数日のドタバタ劇を振り返ってみようかと思う。

1. 留学出発前のモヤモヤ

これまで縁あって2回ほど海外に行く機会があった(機会があればいずれ記事を書きたい)が、1回目は1か月の語学留学、2回目は高校の「体験交換留学プログラム」のようなもので、今回の留学と比べながら白状するなら「留学体験版」「お楽しみバージョン」ともいえるものだった。それでもこれらの「ミニ留学」は間違いなく自分を変えた大きな経験であった。

ただ、今回の留学はそれらの機会とは違い、1年という個人的に想像のできない期間、初めての一人暮らし(しかも海外で)、初めての「大学卒業目的の」滞在といった小さな「初めて」を数多く背負っていた。それらのことをしきりに考えては「やっぱり行きたくないなぁ」と思うことも割と多かった。

そんな僕の内情を励ますためか、心配してくれてか、周りも2通りで反応してくる。
「きっとそのくらい何とかなるよ。ましてやフランス語もできるんでしょ?いけるさ」→ 多数派
「まじで気をつけてな。治安とか犯罪事件(スリとかテロとか)も起こるから」→ 友人や親類
いずれも自分への気遣いへの裏返しだから、ありがたく頂戴して気にしすぎないのがセオリーだが、留学直前になると一つ一つの言葉が自分の揺れる感情をさらに大いに揺さぶってくるのだ。

ここまで書くといかにも行きたくないように映ってしまうが、実は留学への期待と数年に一度のワクワクをも同時に味わってはいる。ただ、そのワクワクと匹敵するほど大きな不安も抱えていた。


2. 手荷物問題

出発前にあたふたした現実的な問題は持ち物だった。特にスーツケースの個数と重さが懸念点だった。

結論から言うと、国際線での荷物の重さの許容量は各乗客によって変わるので、ネットで調べるのではなく、メール(予約メール or チェックインメール)をくまなく確認し、なお不明ならば電話するのに尽きる。

Etihad Airlinesのサイトを参照すると、飛行機の預け荷物許容量は2個・20kgとの記載がある。
だが、20kg × 2(個のスーツケース)= 40kg なのか、はたまた10kg × 2 = 20kg なのか、
自分の中で解釈が分かれた。なら安全策と取って預け荷物20kg、余剰分は無理やり機内持ち込み手荷物に入れて何とか7kg以内にしようと画策したのだが、どうやってもオーバーする。最初はスーツケースを2個持っていく予定だったが、1gでも軽くするために1個はボストンバッグにしようかとさえ考えた。
1年の留学で20kgしか持ち込めないなら冬には寒風抹殺である。

Etihadbaggage

仕方ないので、成田空港 Etihad Airlines カウンターに問い合わせることになった。
エティハド航空、電話番号/連絡先/問い合わせ先 (mile-tokutoku.com)

結果、搭乗数日前に送られるオンラインチェックインに関するメールに記載があるはずとの回答だった。どきどきしながら確認してみると、しっかり目立たぬ文字で一番下に説明があるではないか。
Etihadbagage2

Checked baggage up to 35kg !!!!

杞憂だった。かなり詰められそうだ。スーツケース2個持っていけるし。
IMG_0178

人によっては冬用の衣類を別送しなくてもよいほどだ。(僕の場合は結局冬以降必要な荷物は別送手配したが、そこでも別の問題が...)

ただ、当初20kgで計算していたので、改めて入れる荷物と各スーツケースの内容物構成を考え直すことになった。

確実な情報が欲しいなら21世紀でも人に聞いた方がいいという当たり前の教訓を実感。


3. 別送品

1~2か月ほどの海外滞在なら手荷物のみで事足りるが、1年ともなると厄介なのが別送品問題だ。
送るにしても1kgごとに数千円ずつ値段が上がるので安易な選択はできない。
ちなみに、今回の別送品は冬用の衣類で多めに見積もって20kgだと考えた。
(以下の料金も20kgで計算している)

さらに、2022年夏時点で事を複雑にしていたのが、コロナ禍・ロシア・ウクライナ情勢である。
航空便(貨物スペース)の減少 + 燃料費高騰 = 物流逼迫
のトリプルスパイラルが行く手を阻む。さてどうするか。

様々なサービスを比較検討した結果、個人ユーザーにとっては日本郵便の国際郵便あるいはヤマト運輸の国際宅急便が料金対配達時間比で最適という結論に至り、後日国際郵便の船便を利用した。
以下が問い合わせと調査の顛末。せっかくだから長くなるが紹介してみる。(2022年現在)

(1) 日通 留学パック
費用と輸送時間を抑え、安心感を得たい僕は、当初日通の海外留学プランを検討した。
留学パック|【日本通運の海外引越】海外赴任、留学のお引越しは日本通運 (nittsu.co.jp)
日本→フランスで52,500円

ただ、対象地域がパリに限定されており、その他の都市への配送は別途連絡が必要とのこと。僕の目的地はレンヌだったので、仕方なく電話で問い合わせることにした。
不可解だったのは、「ナビダイヤルでお繋ぎ」される上、「込み合っています、別の時間におかけ直しください」という自動アナウンスが流れてから数秒で自動的に切れる挙動だ。繋がるまで待つことさえ許されない仕様には困り果てた。

7,8回後に奇跡的にオペレーターにつながったのはいいが、パリ以外に送るには現状15万円以上という見積もりを出され、今後さらに高くなる可能性もあるとの返答。残念だが、即候補から外した。

(2) ヤマト運輸 留学宅急便
日通よりも高いというイメージだったが、フランスの主要都市に対応しているので検討余地があった。
だが、2022年4月1日から受付を一時中止しているとのこと。料金さえ確認できない。無念。
留学宅急便 | クロネコヤマトの海外引越 | ヤマト運輸株式会社 (kuronekoyamato.co.jp)

「留学」と冠のつくプランは概ね使えないことを悟り、通常の運送サービスを思いつく限り調べた。
費用や日数、評判は各社バラバラである。また、留学サービスとは違って利用者自身で invoice(税関申告書類 / 内容物説明書類)を英語で書く必要があるため少し難易度が高い。
海外のサービスは配達所要時間は2~3日である一方高額かつ会員登録が必須で、輸送時の箱の寸法が運賃に反映されることもあり使いにくそう。

(3) 日本郵便 国際郵便
EMS : 2日 / 44,500円 → 航空便小包 : 8日 / 39,200円 → 船便小包 : 1~3か月 / 11,900円
(2022年現在サービス停止中 SAL便 : 2週間前後 / 22,600円)
インボイスのガイド : ありインボイス作成ツール まで用意されている)
利点 : 全プランで追跡サービスが付く、船便を選べば他社より圧倒的に安く送れる。
懸念点 : 見かけ上日本郵便のサービスだが、フランス到着後はフランス国内でも評判が今一つの colissimo に荷物の運命が委ねられる点が不安。

(4) ヤマト運輸 国際宅急便
配達日数 : 最大6日 / 料金 : 23,950円(関税は別途支払い必要)
インボイスのガイド :  あり 
利点 : おなじみのヤマト運輸の安心感、インボイスが書きやすいデザイン、運賃と配達日数
懸念点 : 各国の協力会社がお届けという説明の通り、フランス上陸後の運送業者が不明。場合により「空港まで引き取りにきていただく場合があります」とのこと。最悪パリの空港に行くのは流石に...

(5) DHL Express
重量 : 20kg / 箱寸法 : 75cm × 35cm × 35cm / 17時までの発送で2日後の正午までに配達 : 111,138円
インボイスのガイド : あるが微妙(My DHL+への登録必須、説明も個人の初心者に対しては不足)

(6) FedEx International Economy
重量 : 20kg / 箱寸法 : 75cm × 35cm × 35cm / 3日後の正午までに配達 : 75,368円
インボイスのガイド : 一応ある(全部英語かつアカウント作成が必要)

フランスの大学に留学するとき、だれもが避けて通れない手続きがビザの取得ではないかと思う。
私自身「大使館に行けばビザくれるでしょ」という安易なイメージを持っていたのだが、長期学生ビザの場合はそう簡単にいかないのだ!

ここでは、長期学生ビザ申請者が必ずお世話になるであろう3つの場所
Campus France
  / Etudes en France (EEF) / ビザセクション
について簡単にまとめてみる。
  • Campus France : 留学に関わる手続きのバイブル

    Campus Franceは、簡単に言うとフランスの大学 (等の高等教育機関) へ留学する学生をサポートするフランス政府公認のウェブサイトである。ビザの取得など渡航前に必要な準備から、移民局への登録や滞在先の家賃補助申請など渡航後に行う手続きに至るまで、多くの留学生が踏むであろうプロセスを解説してくれている。ちなみにフランス留学に関連したウェビナーや説明会なども多数開催しているみたいなので、留学が確定していない人も覗いてみると良いかも。

  • Etudes en France (EEF) : 学生ビザ申請予定者を最初に審査する機関

    Etudes en Franceは、学生ビザ取得の理由・背景を審査する場所で、略してEEFとも表記される。ここで学生ビザを与えても大丈夫な人間かどうかを予め審査することで、ビザを発給する大使館の負担を軽減する意図もあるだろう。
    Etudes en France のウェブサイトでは、留学先の大学の受入許可書など、フランス入国後学生の身分で滞在することを証明できる書類を何種類もアップロードすることになる。入力事項や証明書類に関して、不明瞭な点や間違った箇所が1か所でもあると見逃してもらえない (修正するのに結構時間がかかる) ので、注意深く手続きを進めるのがカギとなる。
    ウェブサイト上での手続きを終えた後には、フランス大使館に併設されたオフィスに訪れて面接を行う必要がある。アップロードした資料や入力した留学動機に齟齬がないか対面で最終チェックされる。この面接は英語またはフランス語で行われる場合が多いが、フランス語力を身に着けるための語学留学が主目的の学生は日本語で面接してくれる場合もあるようだ。

  • 在日フランス大使館 ビザセクション : EEFの手続きを終えた後にビザを申請する場所

    Etudes en Franceでめでたく (?) 手続きを完了したところで、ようやくフランス大使館のお世話になる。ビザの申請手続きを行う専門の場所はビザセクションと呼ばれ、ビザ申請書 (申込書) のほかに、銀行残高証明書など渡航・滞在資金を証明する書類や住居証明書、Etudes en Franceでの審査登録書などを提出することで、申請者がフランスに不法滞在する恐れが無いことを総合的に審査される。

20WのUSB-PD充電器で今安くなっている商品。
調べてみたところ、ビックカメラは通常価格、ヨドバシとコジマ電機は ¥1,600 → ¥990 
かなりお安くなっています。





今回はヨドバシカメラでネットでの価格は
店舗(新宿西口店)で購入したらさらに少しお安く¥980
¥1,000以内で新品のpd充電器が手に入って満足。

PXL_20220306_150942398
PXL_20220306_151155844


[JP] 驚きの小ささとパワフルな20W出力を同時に実現。PDとQCに対応し、さまざまな機器の急速充電をサポート

とのこと

PXL_20220306_151721307
PXL_20220306_151838469
PXL_20220306_151801037

プラグを折り畳めない点と、USB-C出力のみ対応している部分が人を選ぶかも。

PXL_20220306_152012164

保証書+ユーザー登録で2年間の保証を受けられるのはありがたいですねぇ。

夕暮れ時の新宿モノリスビルに移る夕焼けを眺めつつ帰宅

PXL_20220306_084652916.MP

↑このページのトップヘ